Cozinhas escandinavas por 株式会社seki.design

料理するのが楽しくなる素敵なキッチン10選

Manami Sakaguchi manami sakaguchi
Loading admin actions …

かつてキッチンは「台所」と呼ばれ、まだ冷蔵庫がなかった時代食材が腐らないようにあまり日が当たらない北側に位置していました。しかし戦後、高度成長期をきっかけにキッチンと呼び名が変わり、食事をただ作るためだけの場所だったところが家族が集まり、共に楽しむ空間へと変化していったのです。今回はそんな空間で料理するのが楽しくなる素敵なキッチンを紹介したいと思います。

共存するキッチン

こちらは神奈川県を拠点に活動する【快適健康環境+DESIGN】森建築設計が手掛けた住宅のキッチンです。100年前に建設された古民家をさらに暮らしやすく快適で省エネな住宅にリノベーションされました。写真正面にある3枚の引き戸は再利用された建具です。無垢栗板を使った側面板と扉、人造大理石で仕上げたカウンターが存在感を放ちます。栗板は栗独特な木目を活かして、テーブルの天板やカウンター材にも使われます。そして耐久性、耐水性に強いのでキッチン周りに使用するのが適しています。100年前から使われていた素材と今の素材が共存しているような素敵な空間のキッチンですね。

森の中のキッチン

こちらは長野県八ヶ岳の森の中、標高1600mに建つ9坪弱のコテージのキッチンです。山梨県を拠点に活動するコテージスタイルが手掛けました。僅か9坪弱の中のキッチンは暖房・調理兼用の薪ストーブを置いたり、アイロン台を折りたたみ式配膳台としても使用したりといろいろな工夫が施されているので機能面でも優れており、かつお洒落でとても素敵なキッチンです。

調和した素敵なキッチン

和の雰囲気を醸し出すこちらのキッチンは東京を拠点に活動するTERAJIMA ARCHITECTSが手掛けました。カウンター上部には以前のお住まいで仕様していた美しい細工の入ったガラスがはめ込まれています。シンプルなステンレスのキッチンと和の雰囲気が見事に調和した素敵なキッチンですね。奥には大きなパントリーを備えており、収納も十分で床掃除も簡単にできるので機能面でも大変優れています。

繋がるキッチン

天板に一枚石を使用した、ダイニングテーブルまでフラットにつながってる素敵なキッチンは、上記と同じくTERAJIMA ARCHITECTSが手掛けられました。階段下を収納スペースにすることでキッチン用具など全てが収納でき、クライアントの要望通り「すっきりとしたキッチン」になっています。そして、キッチンからダイニングまでフラットにつながってることで、人と人との繋がりを感じられる空間となっています。

カフェのキッチン

こちらはクライアントより「アフリカのリゾートホテルのコテージのようなイメージで、木、石、土などの自然の素材感を出してほしい」との要望で、鹿児島県を拠点に活動する志賀建築設計室が手掛けたカフェのキッチンです。カフェのキッチンですが、キッチンのカウンターや棚など住宅のキッチンに取り入れられる要素はたくさんあります。家にカフェのような素敵なキッチンはいかがでしょうか。

こだわりのキッチン

こちらは京都を拠点に活動する池田デザイン室(一級建築士事務所)が手掛けたわずか11坪の住宅のキッチンです。狭い中で居心地が良くなるよう、小さな工夫が随所に施されています。そんな中でオリジナルの造作キッチンを製作されました。ひときわ目を惹くキッチンパネルは毎日の料理が楽しくなるように工夫されたものです。窮屈に感じることもなく楽しく料理ができる素敵な空間です。

海がみえるキッチン

こちらは瀬戸内海を臨む絶景の高台にある別荘のキッチン部分です。兵庫県を拠点に活動するスタジオディチが手掛けました。アイランドキッチンのカウンターからアーチ状の間仕切りを通してダイニングがあります。そしてその窓からは瀬戸内海を見ることができます。瀬戸内海を眺めながら料理ができるようになっている素敵なキッチンですね。アイランドキッチンは壁面ではなく中央に流しや調理台などがあるタイプのキッチンなので多人数で料理したり、来客時に効果的な演出ができたりと別荘に適しています。

手作りのキッチン

こちらは兵庫県を拠点に活動するEU建築設計が手掛けた住宅のキッチンです。右側のキッチンの食器棚の扉にはカラーアクリル板が使われており、色見本の中からクライアントの奥様が選ばれました。そしてテーブルのタイルも奥様と友人たちで一緒に張り上げられたもので、とてもかわいくお洒落なキッチンに仕上がっています。こうして自分自身も家作りに手を加えることによって愛着がわき、家を長持ちさせるために最も効果をもたらしてくれることでしょう。

写真:絹巻豊/絹巻豊写真事務所

魅せるキッチン

こちらは兵庫県を拠点に活動する株式会社SEKI.DESIGNが手掛けた住宅のキッチンです。秋田のナラ材に黒染の取手を併せた収納部分とキッチンの白いタイルがマッチしています。グラスやお茶碗など小物を棚に置くことでわかりやすいと同時に、魅せる収納になっています。こちらの住宅はスキップフロアになっていてリビングルームからは階段を少し上がったところにキッチンがあります。遮る壁がないので上下する視線の変化を楽しむことができる素敵な空間です。

designed by KitoBito

写真:YOKO INOUE

外国のキッチン

最後に紹介するのは外国のキッチンです。こちらはウクライナのTATARINTSEVADESIGNが手掛けました。青と白が特徴的な素敵なキッチンです。3種類の形が違うペンダントライトとカウンターにあるイスがアクセントになっています。オーブンは通常下の方に位置してあることが多いですが、こちらのように真ん中に配置することで使いやすくなりますね。キッチンの部分だけ床をタイルにしてあるのもお洒落です。カウンターで家族や友人たちと会話しながら楽しく料理する光景が目に浮かびます。

Habitações  por Casas inHAUS

Precisa de ajuda com um projecto em sua casa? Entre em contacto!

Peça a sua consulta grátis

Encontre inspiração para casa!